So-net無料ブログ作成
検索選択

老人ホームでの悲劇 [日記]

昨日、(初)一年に一回に行われる学校行事…


「老人ホームへ行こう!」が行われた…
もちろん強制参加。


内容はいたってシンプル

老人ホームへグループでお土産を手に(ライチ&バナナ)担当の各部屋を訪問して行って、
とりあえず、お年寄りたちと楽しく会話をしてください。



果たして、中国語がまだまだ完璧ゃないぅちが

どこまでお年寄りたちとお話できるか、不安でもあったが、



が、、、、








が…[exclamation×2]




あれ…?聞き取りには若干自信あったのに・・・な??

まったく聞き取れないではないか!!


と、いうのも。

ココ上海では、上海語といういわゆる方言がありまして。

なんというか、まったく発音どころか言葉自体が違う…みたいな…


例えば、みなさんおなじみの「ニィハオ」は「こんにちは」

ですが、これが上海語になると

「ノォンハオ」になるわけです。(どういう訳だ!


つまり簡単に言うと、標準語を勉強してきたぅちにはまったくわからないわけです。
(最近の上海の仔達は、皆標準語を勉強してて、若い子たちは逆に上海語がしゃべれないそうです)

無論、会話なんて成立するわけない。



だが、グループ行動だったのが幸いして、上海語がペラペラの仔に任せて自分は相槌でなんとヵ乗り切った(?)!!


そして、最後の部屋に行ったとき、ライチの数が足りないことが発覚。

とりあえず後のことは他の仔に任せて、ライチを補給すべく一人で補給所へ向い



いざ!戻ろうとしたとき、いきなりお婆ちゃんに上海語で何か訳わからんこと言われて…

手に持っていた謎のタオル(雑巾臭漂う)でいきなり顔面を拭かれたッ…[あせあせ(飛び散る汗)]

そして、またもや上海語でなんか言ってから笑顔で去ってくお婆ちゃん。


とりあえず…、なんか…お礼だけは言うといた…

その後、ちょっと泣きたかった…[たらーっ(汗)]





あとヵら聞いた話、

そのお婆ちゃんは、他の友達のグループが担当だった方だったらしく。

その仔達も顔面を綺麗にしていただいたらしいです。
nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。